税務会計用語集 起業ステーション

↑調べたい知りたいキーワード検索で絞込表示が出来ます♪
カテゴリから選ぶ

► 利子所得

 所得税における所得分類にある所得の種類の一つ。公社債及び預貯金の利子並びに合同運用信託及び公社債投資信託の収益の分配に係る所得をいう。           
利子所得の金額は、その年中の利子等の収入金額そのままの金額とされ、必要経費という概念はない。したがって、例えば公社債の購入に要した負債の利子がある等の場合であっても、それを控除することはできない。また金銭の消費貸借寄託に係るいわゆる利子、利息であっても、貸付金の利子等は除外され、これは雑所得とされる。                    
利子所得については、昭和63年4月1日以降、老人、母子家庭等に対する利子非課税制度等に係るものを除き、定められた税率による源泉徴収を行い、他の所得として分離して課税されることとなった。住民税においても、おおむね同様である。




1


archives


起業に関する問題(起業・会社設立、助成金、許認可申請、融資・資金調達決算対策など)は、人によってさまざまです。
大阪を中心に京都、神戸、奈良で活動する税理士事務所「日新税理士事務所」は豊富な開業支援の経験を元に、会社設立・起業に関する問題を全面的にサポートいたします!
日新税理士事務所では、毎日(土日祝日も対応、要予約)に無料相談を実施しております。
お気軽にご相談下さい。
私たちがあなたの不安・お悩みを解決します!
起業ステーション:運営 日新税理士事務所
〒540-6591 大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル13F TEL:06-4790-9707
設立サポート一日公庫融資・資金調達サポート助成金サポート許認可サポート税務サポート
Copyright©2012 起業ステーション. All Rights Reserved.
PR 日新税理士事務所 ホームページ制作 南大阪 エントランスウェブ